fc2ブログ

目から鱗が

私がいつもお世話になっている整体院に、
長女の彼氏が通い始めて、もう3か月くらいになるのですが、
その整体院の先生(もう20年来のお付き合い)がこんなことを
言ってきました。
「彼はしっかりした人だね。長女ちゃんも安心だね。」
私は飛び上がるほど驚きましたが、何事もなかったように
「はあ。 そうですか。」と答えるに留めました。
私のことを気違い扱いし、会う人に合わせてカメレオンのように
態度を変えるその男を、こともあろうに私が20年来信頼してきた
先生が褒めるなんて。
心の動揺はしばらく続きましたが、ある日
「先生も万能じゃないんだ。」そう思えました。
先生のことを今でも尊敬し、信頼しています。
でもそれは「盲信」ではなく、自分自身で判断した
「信頼」に変わったような気がします。
目から鱗が落ちて、自身のクリアな目で真実を見つめることが
一番大切なんだと気付きました。
出張から帰ってきた旦那にこの話をすると、
「結構昔からそのことは心配していたんだ。」
「彼がきっかけと言うのは、少し気に入らないけど、
 かすみがそれに気づいたことはすごいことだと思うよ。」
と言ってくれました。
これをきっかけに、全てのことを色眼鏡や、目に鱗を付けないよう
注意しながら、自分自身のクリアな目で見つめていきたいと思います。

やっと

先月の中頃から先週まで、ブログをお休みしてました。
コロナ禍の精神的な影響や、旦那の出張が続いたことにより
一人でいる時間が長くなったことなどの原因で、
パソコンの前に座ることが出来ませんでした。
この約1ヶ月の間にいろいろなことが起きました。
いいことも、悪いことも。
やっとまたブログを再開できそうです。
少しづつですがまた記事を書いていきます。
宜しくお願いします。

道に迷う夢

よく知っている道で、右往左往していた。
「道に迷った。どうして。私はどうすればいいの?」
ふと前を見るとチビ太が寝そべっていて、
「ママーは、グータラしてたらいいのさ。」
という顔でこちらを見ていた。
急に上から母親の声が聞こえた。
「ほーらみろ、お前は自分じゃ何もできないんだ、」と
あざ笑う顔が見えた。

「夢診断」
自分自身を見失っていることを意味しています。
自分のことがわからなくなっているから、
最終的に自分の目指す場所がわからなくなっているのです。

コロナ禍で重圧を感じています。
旦那の収入も減ってきています。
自分だけ好きなことをしていていいのか。
グータラなんてできません。
ピアノの前にも立てません。
私は今何をすべきなんだろうか。
胸に「大きなつかえ」があるように感じます。

当たり前のことが

コロナ禍で、今まで当たり前にやってきたことが
当たり前でなくなる世の中に変わりつつある。
仕事の仕方や、学校の在り方、家族との関係など、
身近な生活が変化を余儀なくされている。
新型コロナウィルスの出現で、強制された形だ。
感染拡大が収まっても、この新しいスタイルは
ワクチンや特効薬が出てくるまでは、
継続していかざる負えないだろう。
GWも外出せず、家で過ごす時間となった。
その時間が家族との会話の時間となり、
新しい生活について話し合う機会になった。
外出時のマスクは必須アイテムになりつつあるし、
デジタルの世界は、リモートやオンライン○○が
当たり前になりつつある。
対面での会話は、少なくなっていき、満員や行列は、
「御礼」ではなく「遠慮」されるものになる。
ショッピングや外食のスタイルも変わってくるだろう。
バイキングやビュッフェスタイルは生き残るのだろうか。
まだ新しい形の具体的なイメージはぼんやりしているが、
人はきっとこれらに順応し、「当たり前に」変えていくだろう。

負の言葉

長女が勤務先のドラックストアで、お客から除菌を求められ、怒っていた。
レジで除菌シートを渡され手を拭くように要求されたらしい。
「あのお客、頭がおかしい。精神異常じゃないのか。」
と愚痴をこぼしていた。
コロナ禍で、世の中はこんな言葉ばかりが渦巻いている。
パチンコやBBQを我慢できない人たち。
「暇でやることがないから。」
「家にばかりいると、ストレスがたまる。」
自分勝手なわがままな言葉を平然と口にする。
何故こんなことが起こるのか、私には理解できない。
何故自分の事しか考えないのか、他人を傷つけても
平気でいられるのかが、理解できない。
負の言葉が充満していて、息ができなくなってしまいそうだ。
世の中が災厄に見舞われ、危機が迫ってくると。
人はまず自分自身を守ろうとする。
それが「負の言葉」がたくさん生まれる原因だ。
人がたくさん死んでいるのに、お医者さんたちが、
必死で頑張っているのに、自分の事ばかり心配している。
そして、そんな人たちは弱いものをいじめて、憂さを晴らそうとする。
そんな空気が充満しはじめている。

もうやめよう。
誰かのせいにするのは。
そして、使う言葉を変えよう。
前向きで、明るに言葉に。
空気を入れ替えて、不安を吹き飛ばそう。
プロフィール

かすみ

Author:かすみ
ヤフブロから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる