fc2ブログ

謝るべき時

「謝るべき時と、謝ってはいけない時」
旦那がそう言っていた。
私の今までの人生は謝ってばかりの人生だった。
明らかに私が原因ではない事でも、私が悪者にされ、
私が頭を下げる結果になった。
私には「その役割」しか与えられなかった。
それのみが私の存在意義だと無理強いされてきた。
今、長女の結婚問題で、話がこじれつつある。
「私は何も悪くない。謝るべきは相手側だ。」
そう強く思っている。今度こそ絶対に頭は下げない。
そんな時、カウンセラーの先生や旦那には、
「この問題は、あなた側から先に謝罪した方がいい。」
と言われた。  何故?と旦那に問うと。
最初の言葉を言われた。
旦那は、「この問題に限らず、謝るべき時と、
謝ってはいけない時があるんだ。」と言う。
それは物事の本質を冷静に、的確に捉えられることが出来れば、
誰にでもできることだと言っていた。
私には納得がいかない。
自分が悪いわけでもないのに、また頭をさげることなど、
もう絶対にしたくない。
やっと、そう思える自分になれたばかりなのに。
そんなジレンマが、長女やその彼氏に対する怒りや、
口惜しさとなって、さらに激しく私を責めつける。
きっと旦那が正しいのだと思う。
私にもきっと自然にそう考えられる時が来るのだと思う。
でも今はまだ、そんな気になれない。
ただ口惜しさが、募るばかりだ。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

謝るべき時、謝らない時・・。
自分もそこがわからずに、ここまで来ました。汗
常識って、難しいですよね。汗
(^-^;

No title

こんばんは。

長女さんの彼氏の事で今までも記事が書かれてたのありますが、どのように彼氏が、かすみさんにとって嫌な方なのか詳しくわかりません。

なにかきっかけがあり、そこから嫌な方に思えるようになったのですか?
どこかの記事に書かれていますか?

No title

かすみさんが意にそわないままに謝らなくてもいいと思います。
だって、申し訳ないという気持ちが全くないのに、言葉だけで
表面上、謝ったって、かえって相手にも失礼です。

ただ、謝る=100%自分が悪い、非がある
ときばかりが、謝るときではないとも思います。
たとえ3%ぐらいでも、自分もちょっと言い過ぎたかな?とか
相手に誤解を与えるような表現をしてしまったかな?と思うときには
「具体的に」「この点について(だけ)は」悪かったと思う、と
伝えるのはアリかと。
歩み寄るというのは、そういうことかなって。
勿論、相手も歩み寄ってくれるとは限りませんが。

謝ったら完全に自分の負けということではないですよね。
人間関係は勝負ではないですから。

*あくまでもわたしの個人的見解です。
的外れかもしれません。

No title

↑ のコメント、匿名になっていますが、わたしです。ごめんなさい。
間違えてしまいました。

ジョージさん

ほんと難しいですよね。
自分に非があるのなら
素直に謝れますが、
誤解や、誠意のなさについては、
微妙です。

シナモンさん

コメントありがとうございます。
あまりにもばかばかしく呆れてしまう
事なので、詳しくは書いていません。
偏見や誤解や不誠実さに対して、
「おおらかな慈悲の心を示せ。」
という意味だと思います。
が、納得はしていません。

うらるさん

コメントありがとうございます。
自分の意にそぐわないと言うよりも、
謝るべき時と、謝ってはいけない時が
あるそうです。
人の失敗や、落度をいつまでも追及
することは決していい結果を生まない。
そうです。
私にはまだよく解りません。
プロフィール

かすみ

Author:かすみ
ヤフブロから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる