fc2ブログ

私は私

幼いころから親から虐待され、学校ではいじめられ、

社会に出てからもいじめは続き、最初の結婚相手はDVだった。

いつも虐げられ、馬鹿にされ、生きている価値がないと言われ続けた。

今の旦那と結婚するまでそんな人生だった。

人生の半分くらいは、「自分は生きている価値のない人間」だと

思いながら生きていた。(生きていたと言えるのかどうかも疑問だけど)

旦那に出会い、C-PTSDを発症して自分の身の上に起こっていたことを

精神科医によって知らされた。

そして長い闘病人生。今のカウンセラーと出会い断薬に成功し、

回復の道のりを歩み始めることが出来た。

そして今、過去の出来事について冷静に考えられるまでになった。

自分は生きている価値のある人間だと思えるようになってきた。

虐待やいじめやDV加害者たちの言っていたことは何の根拠もない

「たわごと」だと理解できた。

ただ私を操るために口にした「脅し文句」だったんだとわかった。

だから、今私の周りで同じような言葉を吐く人たちを見ると、

可愛そうになってしまう。

「人を口先だけで操ろうなんて、浅はかだな。」と冷めた気持ちが広がる。

私は私の信じる道を曲げることなく、いろいろな試練を積み重ねてきた。

辛くて逃げ出したい時もあったけど、逃げることは自分に負けることだと、

自分にムチ打ちながら、歯をくいしばって今日まで生き延びてきた。

だから「私は私だ」と言えるようになれた。

自分と向き合いトラウマを見つめ続けた結果、自分に自信が持てるようになった。

自己肯定感みたいなものが私の中に生まれた。

こんな気持ちをもっともっとたくさん手に入れたい。

DVトラウマに立ち向かうためには、一つでも多く「この武器」が必要だ。

私には生きる価値があるんだ。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。★
がんばりましたね。♥
自己肯定。もっと取り戻して下さいね。♥
(^-^)

No title

かすみさんの人生の主役はかすみさんです。
ものごころついたときから、長年、主体性をはく奪されて
生きてこられたんですね。
ことばでは表せないぐらい辛かったことと思います。
それをことばで表されるようになるまで、回復なさいましたね。

No title

大和斗さん コメントありがとうございます。
もっともっと自分を大切にできるように
今まで獲得できなかった「肯定感」を
集めたいと思います。

No title

うらるさん コメントありがとうございます。
そうですね。
やっと自分の言葉で、自分を表せるように
なってきたと感じます。
自己肯定感と言う意味さえ分からない時期から
考えれば、格段の前進です。
プロフィール

かすみ

Author:かすみ
ヤフブロから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる