fc2ブログ

戻ってしまうかも

また吐いてしまった。

また17歳の摂食障害の時のチャイルドが出ている。

食べ物が怖くなっている。

特に肉や魚がだめだ。

以前も米や魚が、母親や親族に結びついて恐怖感から食べられなくなったことがあった。

今回はその怖さとは少し違う気がしている。

食事に対する恐れ   みたいなものを感じる。

17歳のチャイルドも同じ気持ちなのだろうか。

食べる価値のない人間   食べる権利のない人間

だから食べてはならない。だから食べたら吐く。

吐くのはつらい。吐いた後はもっと気持ち悪い。

また摂食障害の頃に戻ってしまうんじゃないかと言う恐怖。

いろいろな感情や思いで怖くなってしまっている。

食べられなくなっている。

なぎこさんのブログで

遠野なぎこさんのブログを見て、なぎこさんもメンタルが落ちていることを知った。

原因は摂食障害や、恋愛についてバッシングされたからだそうだ。

「結局、話題づくりなんでしょ。かまってもらいたいだけなんでしょ。」て言葉にやられてしまったみたいだ。

故意なのか、無知なのかはわからないけど、そんなこと言われたらへこむよなーって思った。

摂食障害は、完全に心の病だし、かなり世間一般にも認知されていると思っていたけど、

なにせ心は見えないから第3者に理解してもらうのは難しい。

私も摂食障害だったからそのつらさはよくわかる。

そして、私も他人から同じように見られていたんだと思うと、余計辛くなる。

別にかまってもらいたくて、調子が悪いふりをしているわけではない。

食べては吐くを繰り返す地獄は、もうこりこりだ。

こればかりは経験しないと解ってもらえないと思う。

なぎこさんも、メンタルが落ちると自己否定が始まってしまうらしい。

この自己否定がさらにメンタルを押し下げていく。

原因も、その仕組みもよくわかっているのにコントロールできない。

今の私が、まさにそのパターンだ。

どんどん私の胸に悪いものが入ってきて、溜まっているように感じる。

思いっきり吐き出したいのに、吐き出すことへの怖さもある。

気持ちが悪い。

また始まった

今朝起きたとき、「吐きたい」衝動に襲われた。

先週初めごろから体調が落ち気味で、少しづつ食欲もなくなってきていた。

おまけに、尿が出なくなっていて、むくみもひどかった。

今回の障害も食べた物への恐怖感から、きているように感じている。

体内に取り込んでしまった食材から、攻撃されそうな恐怖があり、

それら全部を吐き出しえしまいたいと言う衝動に駆られる。

今日は整体院での治療の日だったので、腎臓のケアと一緒に、

摂食障害のことも相談した。

針治療で、むくみも吐きたい気持ちもとりあえずなくなって、一安心できた。

でも、この摂食障害はカウンセラーの先生に相談しないと、解決できそうもないと思った。

吐いてしまった

昨日は旦那が新年会で、帰宅が深夜になることがわかっていた。
 
久しぶりに長女次女がそろって休みで家にいた。
 
カウンセラーへの電話で気持ちもスッキリしていた。
 
特に不安な材料がなかったのに、「吐きたい」衝動が来た。
 
しばらく我慢していたが、耐えきれず吐いてしまった。
 
いつもならある程度スッキリできるのに、今回は違っていた。
 
胸や胃のあたりに不快感が残っていた。
 
「何だろう?」
 
大切な人が私から離れていく、私は捨てられる
 
長女の一人暮らし発言が、私の中にそんな気持ちを連れて来たことに気付いた。
 
そのことに気付いたら、少し気持ちが楽になれた。
 
胸の不快感もやわらぎ始めた。
 

摂食障害のフラバ

先週の金曜日くらいから食べられなくなってきた。
 
少し食べても、すぐ吐き出したい衝動がでてくる。
 
吐き出そうと指を突っ込んでも、あまり食べていないので吐き出せない。
 
今回の摂食障害も、食べ物に対する恐怖感から来ている。
 
食べ物に対する「恐れ」が始まり、それを体内に取り込むことへの恐怖感につながる。
 
「体の中から攻撃されてしまう」そんな思いが頭の中に広がる。
 
週末は、この障害と腎臓の不調から来るむくみで体調は最悪だった。
 
やはりメンタルも同時に低下していて、
 
娘たちの愚痴や文句を上手に受け流すことが出来なくなっていて、
 
がまん袋が破裂しそうに膨らんでいて、胸やお腹が苦しくなっている。
 
吐きたい気持ちの中には、これらのストレスも含まれているんだろう。
 
今日はいつもの整体院での治療の日。
 
先生にいろいろ話しを聞いてもらい、治療もしてもらいベットに横になっていたとき、フラバした。
 
子供の頃の食に関する嫌な記憶が、次から次に頭の中で自動再生されていく。
 
鮮明な映像、リアルな感触、痛み、匂い、全てがその時のまま感じられる。
 
母親にごみ箱の中の食べ物を食べさせられたこと、
 
空腹に耐えかねて、畑の野菜をむさぼり食べたこと、
 
いじめで、給食にチョークの粉を入れたものを無理やり食べさせられたこと、
 
まだまだ沢山嫌な思い出がでてくる。
 
いつの間にか涙を流しながら眠っていた。
 
目が覚めたとき、少しだけスッキリした感覚があった。
 
やはり今でも、私にとって「食」は楽しいものになり切れていない。
 
まだ、怖さが残っている。
 
今晩は、娘たちがいないので旦那と二人で外食する予定。
 
整体院のおかげで、久しぶりに美味しい食事になりそうです。
プロフィール

かすみ

Author:かすみ
ヤフブロから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる